厄除けの贈り物  

厄年の人へ厄除けの贈り物
 
厄年の人に厄除けの贈り物をする習慣があります。
肌身離さず持てるもので、長いものが厄除けになるとされています。

それは恵比寿様、大黒様の化身が蛇神さまであるということからきており、 
長いものを蛇神さまに見立て、外から来る厄を祓い除けようということです。
 以前は帯が多かったのですが 現代では、より身につける機会の多い
ネックレスペンダントが増えています。
   一般的には 男性と女性の厄年は異なり、

本厄は女性の場合数え年で19歳、33歳、37歳とされています。 
特に33歳は大厄と言われ、凶事や災難にあう率が非常に高いので
十分な警戒を要するとされています。 
  いずれの厄年にも  その前後1年間に前厄(前兆が現れる年)、後厄(薄らいでいくとされる年)の
期間があり、本厄と同様に注意すべきとされています。


厄除け贈り物推奨品も特別価格で展示しております


 
 
日付 : 2015/08/17 照会 : 449